「2021年12月」の記事

さくらニュース 21年 12月号 職場のコミュニケーション

2021年12月10日 / さくらニュース

職場のコミュニケーション活性化

職場のコミュニケーションは黙っていては良くなりません。黙っていては良くならないというのには二つの理由があります。一つはメンバーがお互いに話さないでいること。二つ目は放っておいて何もしないということです。ここでは二つ目のことについて、コミュニケーション活性化の対策をとることを説明します。次の例を参考にされてはいかがでしょうか。

一つ目は職場単位で週に一度皆で昼食をとるということです。仕組みとして設定するということになると、その時は半額ぐらいは会社負担と言うことになると思います。充分その効果は出るものと思います。なぜ、その効果があるかと言うと、会議ではなく食事をしながら話し合うと話題は雑談的になることが普通です。その雑談こそが重要なポイントで、コミュニケーションの大きな価値です。もし、メンバーが積極的に話すタイプの人が少なければ、雑談が出るようなテーマの設定をして、順番にそのテーマに沿って話すようにしてもいいと思います。一番簡単なテーマは「一週間の近況報告」です。社会人としての経験が少ないと話す順番がきても話せない人は「何も話すことがありません」というようなことがありますが、そのようなことを防ぐために、事前に話す話題をメモさせると良いと思います。このことによって個人またお互いの興味関心ある事が分かり、それによってコミュニケーションが促進されます。もう一つの具体策は社長や職場のトップが主催する誕生日パーティーです。人数は一回当たり4~5人から10人前後と言うことでしょうか。 対象人数が丁度良ければ月一回、少なければ隔月に一回と言う形にしたらいいのではないでしょうか。昼食会でも夕食会でもいいので、この形は縦と横、両方のコミュニケーションをよくすることが期待できます。この時は会社側から食事代と簡単なプレゼント(ハンカチ等)も差し上げるといいと思います。もちろんその時は丸いテーブルのようなレイアウトで会話をするといいでしょう。ここでもなるべく話題は仕事の話題は避けて雑談及びトップから参加者に質問するような形をとればいいのではないでしょうか。ただし、空気の読めないトップもいるので、その場合はどのような話題が好まれるのかを周りの社員などに聞き、そのバースデーパーティーに準備をすると良いと思います。