LIQUID  FREEZER 凍眠 リキッドで急速凍結。それはもう生。
凍眠とは?
解凍前と同じレベルにキープできる新しい液体凍結機です。
-20~-25℃の液体(アルコール)で食材を冷却・凍結させる機械です。
驚異の凍結スピードで極小の氷結晶を作る事で、解凍後も“生”とほとんど変わらない美味しさを実現できるのです。

1.おいしさキープ

急速冷凍だから美味しい

食品には細胞があり、その大きさは約20ミクロンほど。その細胞内には水分が含まれており、冷凍すると水分は氷の結晶になります。冷凍速度が遅いほど、氷結晶は大きくなります。通常の空気凍結の場合、氷の結晶はみるみる大きくなり、100ミクロンほどになります。そして細胞膜を破壊します。一方、凍眠は素早く凍らせるため、氷結晶は5ミクロンと極小。細胞を壊すことなく冷凍することが出来るので、食味・風味も冷凍前と変わらない状態で保管できます。
『凍眠』でフリーズ:まぐろ
『凍眠』でフリーズ:マンゴー
食べごろの解凍10分後でもドリップが出ません
解凍後みずみずしい状態

2.廃棄ロス対策

必要な時に必要な分だけ

食材を凍眠凍結して保存、必要な時に必要な分だけ解凍して利用するのがとても便利です。
大量につくったスープやソース、煮物や和え物などを小分けにして凍眠凍結保存。作業効率がアップします。例えば、急な団体のお客様がいらしてもストックから必要な量を取り出してパパッと解凍、調理して販売チャンスを逃さず提供できます。反対に見込み以下のご来客数の時は用意した食材を凍眠凍結して保存、食材の廃棄を減らすことができます。来客数を予測するのが難しい現場の大きな力になります。
フードロス対策で
SDGsに貢献!
「リキッドフリーザー凍眠」はSDGsが掲げる様々なゴールに貢献できる機械であるとして、国連本部に高い評価を頂いております。

3.仕入れが変わる

仕入コストの削減、増収に繋げる

漁獲量も相場も不安定な魚介を扱うお店では、美味しくて安い旬の時期に多めに仕入れて凍眠凍結。食味食感が劣化せず旬の味を通年提供できるので、メニュー単価の向上、他店と差別化したメニューの開発や提供に役立ちます。また、シーズン需要の影響で仕入れ値の変動が大きい、まぐろ・ふぐ・うなぎ、チキン・牛肉などを安価な時期に仕入れて凍眠凍結保存、シーズンに加工して販売すれば増収に繋がるでしょう。

4.寄生虫対策

美味しさと安全性を両立

刺身や寿司など、生魚を提供する場合、アニサキスなどの寄生虫が心配な方も多いのではないでしょうか。厚労省HPによると、-20℃以下で24h以上冷凍すると、アニサキス対策ができるとのこと。
通常の冷凍とは違い、凍眠ミニなら品質の低下を気にすることなく冷凍できます。凍眠は豊洲の老舗マグロ卸業者様にもご愛用いただいており、料亭などへ冷凍した魚を提供されています。冷凍品質は折り紙つきです。

5.物販ができる

新たな商品開発

凍眠凍結でお店の味や特産物を広めませんか。自慢のメニューや産地の味を凍眠凍結して、お土産やテイクアウト用、ギフトやネット通販用など新たな販路が広げることが出来ます。今流行のキッチンカーや移動スーパー、ミールセットなどでも凍結食品は活躍することでしょう。1次産業から6次産業への転換、ニーズが急増している給食や宅配食への参入、凍眠凍結の活用方法はアイデア次第で無限大です。
当社ではデメリットについても丁寧にご説明致します
凍眠の使用には凍結させる商品のパックが必要です。
液体凍結には脱気パックをしてから凍らせる食材が多いです。
デコレーションケーキのような、型崩れに対してデリケートすぎる品物には向いていません。

■凍眠カタログ(日本語)

凍眠の概要や外形図面などを掲載しています。

■凍眠カタログ(英語)

英語表記にて、凍眠の概要や外形図面などを掲載しています。

■凍眠 導入事例

凍眠をご導入いただいた企業の事例をご覧いただけます。

■凍眠ミニ カタログ

凍眠ミニの概要を掲載しています。

■凍眠ミニ 導入事例

凍眠をご導入いただいた飲食店の事例をご覧いただけます。
YouTubeでも『凍眠』の魅力をご案内しています
桜物産株式会社は「凍眠」正規取扱い代理店です。
デモ機を導入しました。
凍結テスト可能です。
百聞は一見に如かず!当社ではお客様に製品を体験してもらえるようにデモ機を導入しました。『凍眠』に興味のあるお客様はどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。